中野リトルシニア協会の歴史・戦績

1979年 発起人:櫛田幸穂により、中野シニアリーグ設立
会長:鈴木正司、監督:茂原貞直、ヘッドコーチ:櫛田幸穂
櫛田幸穂より、用具車の寄贈をうける。
1981年 関東連盟に登録加盟を承認される。所沢をホームグランドとする。
1984年 マイクロバスを購入する。
秋季城北ブロック大会、第三位(関東大会に出場する)。
1985年 用具車の寄贈をうける。
1986年 二代目監督:櫛田幸穂が就任する。
荒川戸田橋河川敷をホームグランドとする。
1987年 城北ブロック1年生大会、第三位。
秋季城北ブロック大会、第三位。
1990年 用具車の寄贈をうける。
「創立10周年記念祝賀会」中野サンプラザで開催。
1991年 市原シニアと交流試合を行う。
1992年 父母会および一父兄によりバス寄贈。
1993年 清村事務局長勇退、高木事務局長就任。
ガッツ石松氏より用具車の寄贈。
秋季城北ブロック大会 準優勝。
1996年 合宿所を伊香保より現在の小川町営グランドに移す。
1997年 山梨県日本航空高校主催によるウイングカップ初参加。
1999年 創立19年目にして初の全国大会出場。
初戦、前年度全国制覇者「神戸中央」に延長8回、7対8と逆転を喫し惜負。
ウイングカップ3回目出場。準優勝。
第一回中野杯争奪少年野球大会開催。
2000年 高木事務局長勇退。良知事務局長就任。
城北ブロック1年生大会優勝。
「創立20周年記念祝賀会」中野サンプラザで盛大に挙行。
2001年 城北ブロック1年生大会、準優勝。
2002年 日本リトルシニア関東連盟関東大会春季大会初出場。
2003年 長野県大町シニアチーム30周年記念大会、優勝。
2004年 日本リトルシニア関東連盟、関東大会春季大会出場。
2005年 10月10日、鈴木正司会長逝去。中野リトルシニア野球協会葬を行う。
12月18日新組織発足。監督を20年勤めた櫛田幸穂が新会長に就任。
三代目監督:笹崎純一、ヘッドコーチ:櫛田干城が昇格就任。
2006年 4月、城北ブロック春季大会 28年目にして念願の優勝。
5月、念願のマイクロバス(29人乗り)を購入。
7月、用具車を購入。
9月、城北ブロック秋季大会(新人戦)準優勝。東東京大会出場権獲得。
10月、城北ブロック1年生大会、準優勝。東東京大会出場権獲得。
2007年 四代目監督:櫛田 干城、ヘッドコーチ:小泉泰重が昇格就任。
2008年 4月、日本リトルシニア関東連盟関東大会春季大会出場。
11月、「創立30周年記念祝賀会」中野サンプラザにて盛大に挙行。
2009年 4月、日本リトルシニア関東連盟関東大会春季大会、2年連続出場。
2010年 4月、城北ブロック春季大会、第三位。
7月、東京中日スポーツ杯東東京大会、第四位(34チーム出場)。
9月、秋季東東京大会出場。
2013年 4月、城北ブロック春季大会、第四位。
2014年 7月、東北連盟40周年記念全国選抜大会出場(東京代表)。
11月、城北ブロック1年生大会、東東京大会出場権獲得。
2015年 10月、秋季東東京大会出場権獲得(2年生)。
2016年 7月、明光カップ夏季関東大会ベスト32進出(211チーム参加)。
2017年 11月、城北ブロック1年生大会 、第三位~東東京大会出場。
2018年 7月、新座市長杯 第三位。
9月、秋季東東京大会出場。
2019年 7月、第10回林和男旗杯国際野球大会  兼  東北連盟45周年記念全国選抜大会(東京代表)出場。

powered by crayon(クレヨン)